高齢者をサポートする介護は資格が必要|家族の味方になる

リハビリ運動の専門家

ウーマン

理学療法士はリハビリテーション専門職の1つで、身体が不自由な人に対して体操や歩行訓練などを指導することで、機能回復と社会復帰のためのサポートを行います。国家試験を受験するには高校卒業後3年以上の専門学習が必要となります。

必要とされる知識

介護

専門知識で就職する

現在、高齢化によって介護を必要とされる方が増えています。こういった方たちの手助けをするのが介護職に携わる人たちですが、この仕事をする上で役に立つ資格というものが存在します。資格を取得することによって給料などにも違いが出てきますので、この仕事をしている方たちは積極的に取得に向けて勉強をしています。もちろん現在他の仕事をしている方でも、転職などでこういった職種に移る場合には資格を取っておくと重宝されます。学校へ通う場合や通信教育など取得の方法は様々ですが、とにかく介護に携わる場合には資格を取得しておくことで求人の幅が広がります。インターネットなどを通じて資料請求をして自分に合った学習法を見つけましょう。

何を学ぶのか

介護といっても仕事内容は様々です。車椅子の取り扱いから衣服の着せ替えまで色々な業務をこなす必要があるので、やはり専門知識は必要です。しかしこういった知識は資格を取得するときに色々と学ぶことができますので、資格さえ取っておけば実際に仕事に入ってからも安心です。もちろん現場でしか学習できない事柄も存在しますが、そういったことに関しては職場で教育が受けられる場合がほとんどですので心配はないでしょう。介護資格の取得費用については、まずはインターネットなどで自分の予算に合ったものを探すところから始めましょう。そしてもし予算内で学習できるところを見つけたら、電話や資料請求などで詳しい話を聞いてみるというのも一つの方法です。

福祉学べば

医者

医療ソーシャルワーカー資格としては、社会福祉士の資格が一般的です。社会福祉士の資格は一定の要件を満たしていれば受験資格がありますので、医療ソーシャルワーカーを目指す人は受験を考えてみると良いでしょう。

医療関係の専門学校です

女の人

大阪医専大学は医療関係に特化した学校です。注意してもらいたいのは、学費以外に実習費や教材費が別途必要になることです。事前に必要な費用を調べておくと安心です。また、特徴としては複数の資格が取得できることです。万が一国家資格に合格できなくても、卒業後5年間は学費免除で勉強を継続できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加