福祉学べば|高齢者をサポートする介護は資格が必要|家族の味方になる

高齢者をサポートする介護は資格が必要|家族の味方になる

福祉学べば

医者

患者の相談を受ける

医療ソーシャルワーカーは、入院患者の悩みなどを解消するために活躍する仕事です。病気のことだけではなく、入院している上でかかってくるお金や保険のことについてなど幅広い知識も必要になります。医療ソーシャルワーカー資格としては、社会福祉士の資格などが一般的に知られています。医療ソーシャルワーカー資格は特に定まってはいませんが、病院などで募集される際に社会福祉士の資格がある人を募集することが多いためです。患者さんとのコミュニケーションを取る仕事になりますので、人との関わりを大切にしている人に向いています。医療ソーシャルワーカー資格である社会福祉士の資格は大学を卒業しているか実務経験があれば受験することができます。

ソーシャルワーカーになる

医療ソーシャルワーカー資格として、福祉に関する視覚まを持っておくことは有利に働きます。ソーシャルワーカーには患者に役立つような福祉のことについて詳しく知っておく必要があるからです。さまざまな知識があれば相談に乗った時も適切な案内や提案をすることが可能になります。医療ソーシャルワーカーとしての単独の資格は今のところありませんので、多くの資格を検討することから有効です。ソーシャルワーカーの需要は増えていますので、これからの就職を考えるならぴったりの職業です。医療の知識も必要になりますが、基本的には患者さんの悩みを聞いたり家族とのふれあいを大切にする職業となりますのでやりがいを感じることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加